【超効率的】親に合った介護施設を探す方法⇒まずはスマホで資料請求するのが簡単 

悩む男性

親を介護施設に預けたいんだけど、
介護施設の探し方がわからないし
資料を請求するのも不安。。。

この記事では、このような悩みを解決します。



自宅で介護しているけど、徐々に介護が難しくなっている人や
現在入院しているけど、自宅では介護が困難で退院先が見つからないなど
施設探しを検討している人が多くなってきています。

悩むおじいさん

施設探しがうまくいかずにバタバタで、
希望の条件ではなかったし、
たくさん見学して疲れた。



今までは施設を探すだけで、大変な思いをしていました。



現在では、スマホやパソコンから一括検索や
自宅に居ながら、資料を確認し申し込みできるように
なっています。



希望の条件に合った介護施設のパンフレットがあれば
検討しやすいですね。


検索サイトでの探し方や選び方について
説明していきますね。



では、始めていきましょう。

この記事を書いた人

こじろー

(@kojiro_king)

  • 10年目の理学療法士
  • 呼吸療法認定士
  • 住環境福祉コーディネーター2級

ブログを始めたきっかけ

自分の経験が誰かの役に立てると思ったから。

\よろしければ、ポチッと/

ブログランキング・にほんブログ村へ

※簡単に施設が探せます

読みたいところから読んで下さい。

介護施設の入居の手順と概要

介護施設に入居するには、条件があります。

入居の条件

要介護度

医療がどのぐらい必要?

保証人・身元引受人の有無

収入(生活保護の有無)

年齢

要介護度

介護保険を申請済で、介護度の判定を受けている状態です。
介護施設の種類によって入居対象者は原則要介護度3以上なご
入居条件があるところもあります。

医療がどのぐらい必要?

どのぐらいの医療行為ができるのか、その施設ごとでさまざまです。
栄養管理や痰吸引が必要など各施設の対応に違いがあります。
あまりに難しい場合は、入居できない場合もあります。

保証人・身元引受人の有無

これは賃貸でも言えることですが、介護施設を申し込む時にも必要になります。

利用料の支払い

緊急時の連絡先

施設サービス計画書(ケアプラン)や治療方針の承諾

入院や死亡時の対応

一般的には家族が保証人・身元引受人となることが多いです。

収入(生活保護の有無)

支払い能力があるかというところもみられます。
保証人や身元引受人がいるか聞かれるのも
そういった理由もあるからです。

年齢

介護保険の適応が、特例を除き65以上で取得できます。
基本的には、65歳以上が介護施設の対象となります。

これらの条件に沿って、介護施設の申し込みが可能となります。

施設入居の申し込み方法は3つ

施設の申し込みは3つの方法があります。

ケアマネージャーに相談

役所

自分で直接

病院に入院している場合は、相談員から紹介を受けることができます。

在宅介護の場合は、3つの方法で介護施設を探すことになります。

実際に入居している人の生活を紹介

では、実際にどのような暮らしをしているのでしょうか?

私が訪問リハビリをしているAさんに伺ってみました。

A様のある日の1日スケジュール

5:00  起床
6:00  お着替え おむつ替え 身辺
7:00  朝食
10:00 入浴(火・金)
12:00 昼食
15:00 おやつ
15:30 訪問リハビリ
17:00 夕食
21:00 消灯・就寝

トイレ誘導やおむつ替えなど必要に応じて
介護士さんが対応してくれています。

その他、洗濯や掃除なども施設サービスに含まれています。

こじろー

施設生活がどうですか?

Aさん

身の回りのことをしてくれていて助かるわ。

こじろー

何で施設に申し込もうと思ったんですか?

Aさん

子供に迷惑かけたくなかったから

こじろー

今は、心配ごとはありますか?

Aさん

特にないわ。お食事もおいしいし身の周りの世話も
きっちりやってくれているし、安心して生活できているの




訪問リハビリをしている時にこんなお話を聞くことができました。
介護施設での生活は安心が手に入る場所だと感じました。

資料請求のメリット・デメリット

メリット
デメリット
  • 施設の情報が一目で分かる
  • 希望の施設を一括で見られる
  • 料金体系がわかる
  • 施設の写真が掲載されており
    イメージしやすい
  • 簡単に希望条件を絞れる
  • 個人情報が必要
  • 勧誘電話

資料請求してから、施設の見学に行くと本人も納得して選ぶことが可能です。

介護施設を探すときの苦労するところ

空きがない

思っていたより遠い

急遽退院が決まり、焦って決めてしまう

空きがない

希望する施設があっても空室がなく、空くまで待たなければいけなくなってしまう。

思っていたより遠い

現地の見学に行ってみると、以外と遠いや、不便な場所に立地されていて
面会や日用品の持ち込みが大変になる。

急遽退院が決まり、焦って決めてしまう

退院が決まり、すぐに施設を探さなければいけない場合もあります。
家での受け入れが難しい環境では焦って決めてしまう事になりかねません。



しかしながら、事前に検索サイトで希望条件を絞っておくと
話がスムーズに行くことが多いです。



資料請求していると・・・

話がスムーズ

急遽退院が決まっても焦らない

希望条件に合った施設がみつかる

スマホでカンタン資料請求方法

LIFULL介護

このサイトのポイント
  • 月間サイト利用者数は120万人以上と、業界最大級
  • 全国32,000件以上の高齢者施設の情報を紹介
  • かんたん一括検索で、効率よく資料請求ができる!
STEP
この条件を入れて、検索をしてみましょう
STEP
興味のある場所が見つかれば、資料をもらうをクリック
STEP
最後はお名前や住所など、必要項目を入力し送信してください
STEP
資料はすぐに届きます

直接の見学が大変だと感じる人は資料請求からでもいいと思います、1度見てみて下さい。

LIFULL介護の場合

※5分で資料請求

まとめ

スマホで介護施設を資料請求で探す手順

  1. 条件を入れて、検索をしてみましょう
  2. 興味のある場所が見つかれば、資料をもらうをクリック
  3. 最後はお名前や住所など、必要項目を入力し送信
  4. 資料はすぐに届きます

実際に、働いていると感じますが、自宅で過ごせるうちは過ごしていただくことをオススメします。しかしながら、いきなり入院すると、自宅で生活する事が困難になる場合があります。そういったことがないように、いちど目を通しておくのもいいかもしれません。また、現在介護に悩んでいる人も、施設介護を考えてみると良いと思います。

これからの介護は、

施設介護+身内介護がお互いにとってメリットがある

と考えて行っていきましょう。

ここまで読んで頂きありがとうございました。介護に悩んでいる人1歩踏み出せなかった人の後押しになれば、嬉しく思います。

\最後にココをポチッとしてもらえると頑張れます/

ブログランキング・にほんブログ村へ
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

こじろーのアバター こじろー リハビリマン

10年目の理学療法士です。
子育て真っ只中の結婚5年目になります。
妻、息子、柴犬と一緒に生活。
趣味:ブログ、筋トレ、読書
『1日の始まりはいつもプロテイン』

読みたいところから読んで下さい。