【介護疲れはこれで解消!】理学療法士の私も使用しているアイテムを紹介

こんな疑問にお応えします!
  • 介護の大変なところは?
  • 介護疲れが続くとどうなるの?
  • 介護疲れを軽くするアイテムとは?
この記事を読めばこんな事がわかります
  • 介護の大変な具体的なところ
  • 介護疲れによっての自分の変化
  • 介護疲れを軽くするアイテム紹介
この記事を書いた人

こじろー

(@kojiro_king)

  • 10年目の理学療法士
  • 呼吸療法認定士
  • 住環境福祉コーディネーター2級

ブログを始めたきっかけ

自分の経験が誰かの役に立てると思ったから。

\よろしければ、ポチッと/

ブログランキング・にほんブログ村へ
悩む女性

これから来る介護の大変さがわからない

悩むおじいさん

息子が介護で疲れているんじゃないか?

悩む学生

少しでも、介護負担を軽くするものってないかな~

こじろー

こんなお悩みにお答えしますね。この記事は、
介護疲れに悩んでいる人に向けた記事になります。

現在、介護に対する不安や疲れが問題になってきています。
私も仕事を通じて感じています。



できるだけ介護負担を少なくできるように
患者さんやご家族さんにアドバイスさせて頂いています。




この記事を読んで、少しでもヒントになれば嬉しいです。




では始めて行きましょう!

読みたいところから読んで下さい。

介護の大変なこと

まず、介護と一言で言っても介護される方の状態によって介護の大変さは変わります。



例えば…

介護度の重篤度は?
介護される人が男性?女性?
介護される人の体型は?

経験上、介護度や性別、体型によっては介護が大変になります。



では、具体的に例をあげて説明していきます。

着替えの介助
トイレの介助
俳諧(認知症)
起こすとき、乗り移すとき
お風呂介助

着替えの介助

着替えの介助の際、寝たままするのか、
座ってもらってするのかで
介助者の身体の負担が変わります。



座ることができる人は、座ってして下さい。
寝たままする介助の場合、介助者は無理な姿勢でしないようにしましょう。

トイレの介助

トイレまで歩けるか?
トイレ内で立てるのか?

こういった疑問が出てきます。

この2点が困難な場合は、ポータブルトイレ(ベッド横に置く簡易トイレ)を検討します。
乗り移りが困難な場合は、オムツになります。

徘徊(認知症の場合)

残念ながら、100%防ぐ方法はありません。玄関を施錠することで外出できなくするのは、かえって関係を悪化させ、お互いにストレスを抱えてしまいます。ここでは、軽くすることを考えましょう。

認知症をいう症状を知りましょう。

認知症は病気からくるもの、脳の老化からくるものなどあります。区別することは難しいです。
こういった、脳の変化によって引き起こされていると考えてください。
人間の脳の成長過程において、小さく産まれて、大きくなり、やがて小さくなっていくものです。

こういった考えがあれば、少しは理解できると思います。

ですので強くあたらず、対等に接してみてください。

起こすとき、乗り移すとき

ベッドから起こすときや乗り移すとき、介助者は負担がかかります。
無理な姿勢ではなく、しっかり腰を落として介助しましょう。

お風呂介助

できるところは自分でしてもらい、どうしてもむずかしいところを介助するようにしましょう。
全てを完璧にする必要はありません。皮膚状態の悪いところは、洗浄しておきましょう。

介護疲れが続くと

自分の時間が無くなる
イライラ
睡眠時間がなくなる
不眠症
うつ

自分の時間がなくなる

時間は、みなさん共通して24時間あります。介護する時間が増えれば、その分、時間がなくなるのは当然です。全てを介護に充てるのは、危険な考え方です。自分の時間がなくなることはホッとする時間がなくなります。

イライラ

介護はどうしても自分のペースになりがちになります。思い通りにいかないことや早く終わらせたい気持ちになりイライラすることが出てきます。

睡眠時間が無くなる

自分の時間を削っていくと、最終的には睡眠時間まで削ることになります。睡眠不足になると、冷静な判断ができなくなります。すぐに怒ってしまったり、怒ってしまった自分に嫌気がさしたりします。

不眠症

悩みが多くなってくると、色んなことを考えてしまって、不眠症に繋がってしまいます。

うつ

不眠状態では、日常生活に支障をきたしてしまいます。冷静な判断ができなくなり、うつ状態となります。

こういった悪循環のサイクルを、どこかで断ち切って冷静になる自分の時間が重要と考えています。

介護疲れを軽くするアイテム9選

腰痛ベルト
アイマッサージャー
爆風のドライヤー

アロマ
お掃除ロボット

ピローミスト
宅配

腰痛ベルト

介助をおこなう際などの腰への負担を軽くします。付けているのと付けていないでは、全然違います。ほんとに楽になります。

アイマッサージャー

アイマスクの家電版です。温熱、マッサージによりリラックスできます。アイマスクより値段はかかりますが、温めたりする必要がなく充電さえしていれば、すぐに使用可能です。たいへん気持ち良く、リラックスできます。

爆風のドライヤー

髪を一瞬で乾かして自分の時間を持ちましょう。

介護は体力勝負のところもあります。自分の身を守るためにも介護術を習得する必要があります。イラストを見ながら勉強してみて下さい。

アロマ

アロマに心を落ち着かせる効果があります。睡眠時に効果のあるのが『ラベンダー』です。また、研究家の間で嗅覚は脳への刺激も高いため、認知症の改善に期待できると言われています。

お掃除ロボット

家の掃除を任せる事で、掃除機をかける時間がまるまる無くなります。昔のお掃除ロボットはかなり雑に掃除していましたが、最近の掃除ロボットはカメラやセンサーがあり隅々まで掃除してくれます。おすすめは私も愛用している『ルンバ900シリーズ』です。

抱き枕

抱き枕は心身のリラックス効果があります。また、横向き寝で
生じる肩や腰の負担を軽減し、寝姿勢を安定させることができます。

ピローミスト

寝具やカーテンにスプレーするものです。スプレーするだけで早く眠るのに効果的です。

冷凍宅食

介護しているときのスーパーへの買い出しは、貴重な時間を使ってしまいます。料理の時間を自分の時間へ変えるのも1つの方法です。

上手な介護との付き合い方

昼夜逆転させない
自分の体を守る
介護サービス
ケアマネージャーに頼む
施設を利用

昼夜逆転させない

昼夜逆転してくると夜中に大きな声をあげたり、夜中に介護することは自身の睡眠時間が削られていきます。

日中の過ごし方や寝室の環境を整えてあげましょう。

自分の体を守る

無理な態勢での介助や力ずくでの介助はやめましょう。専門家による介助法の教室などありますので、教えてもらい、正しい介助をおこなっていきましょう。

介護サービス

自分で全てやるではなく、行政の介護サービスを利用していきましょう。

ケアマネージャーに頼む

介護サービス同様、専門的なケアマネージャーに相談することで、たくさんのアドバイスを受けることができます。

施設を利用

最近は施設利用していくことが増えています。施設に預かってもらい、通いで顔を合わしていくのがお互いに良い距離感が生まれてストレスを軽減できます。

施設を考えている人向けに施設利用に関しての、考え方などをまとめている記事を書きました。

よかったら、覗いてみてください。

まとめ

  • 介護は性別、体形、介護度によって大変さが変わる
  • 介護うつは自分の時間が無くなっていくことで生じやすい
  • 介護疲れは軽くすることができる

介護はいつまで続くか分からない事です。
なので、できるだけ介護する方の負担を軽くする事が重要です。



私は、いかに介護者が楽に介護できる状況にあるかで
介護の環境が変わってくるものだと感じています。



なので、介護負担の少なくなるような環境を作ることをおすすめします。


ここまで読んで下さりありがとうございました。少しでも、参考になったなと思って頂けましたら、
ブログ村ボタンよろしくお願いいたします。勇気が出ます(‘◇’)ゞ

\無料でポチッと/

ブログランキング・にほんブログ村へ
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

こじろーのアバター こじろー リハビリマン

10年目の理学療法士です。
子育て真っ只中の結婚5年目になります。
妻、息子、柴犬と一緒に生活。
趣味:ブログ、筋トレ、読書
『1日の始まりはいつもプロテイン』

読みたいところから読んで下さい。