【国試合格に近づく行動10選】これでPT-OT-STの資格を取得しよう

こんな疑問にお応えします!
  • 国家試験合格までのプロセスが知りたい
  • 効率的に勉強する方法を知りたい
  • 合格するまでのポイントを教えてほしい
この記事を読めばこんな事がわかります
  • 国家試験を合格するまでのプロセス
  • 効率良く学習する方法
  • 理学療法士のテスト前の勉強のやり方

はじめまして、最近は勉強から離れている理学療法士のこじろーです。
定期的に勉強会やセミナーに参加していたけれど、コロナ禍で
なかなか現地に足を運べなくなった今日この頃。
また興味のある勉強を始めていこうかなと思っています。



そこで、



国家試験を合格できた行動はどんなんだったかな?と思い、
振り返ってみます。この記事を読んでくれた人が国試合格に繋がればうれしいな。

この記事を書いた人

こじろー

(@kojiro_king)

  • 10年目の理学療法士
  • 呼吸療法認定士
  • 住環境福祉コーディネーター2級

ブログを始めたきっかけ

自分の経験が誰かの役に立てると思ったから。

\よろしければ、ポチッと/

ブログランキング・にほんブログ村へ
悩む学生

国家試験に向けて効率の良い勉強がしたい

悩む女性

勉強のモチベーションが上がらない

悩む女性

国試までどのように進めていったらいいか分からない

こじろー

こんなお悩みにお答えしますね。この記事は、
国家試験までの勉強方法についてまとめている記事になります。

私が理学療法士の国家試験で合格することができたポイントについて記事にしていきます。

これから目指す学生さんや再度チャレンジする方にとって役に立てれば幸いです。

では始めて行きましょう!

読みたいところから読んで下さい。

国試合格に近づく行動10選

環境作り

まず勉強する環境を整えましょう。どの科目を勉強するのか、科目ごとに分けている方がわからないことをすぐに調べられる環境にしておきましょう。

勉強する場所を2つ確保

勉強するところを決めておきましょう。自宅では、誘惑がたくさんありますので、できるだけ学校の自習室や図書館などを利用するといいです。2か所確保する方が、日曜日で休みの場合や臨時休館がある場合がありますのでおすすめです。

メンタル本

勉強を継続するためのマインド本です。どうしてもやる気が出ないときや萎える時があります。そんな時は、メンタル本を読んで、気持ちをリセットする事も必要です。

過去問

必ず必要になってくる時が来ます。国試の出題範囲は多過ぎます。過去問の出題傾向を中心しまとめられており、過去問の解説まできっちり網羅されております。国試前はこの本を中心に勉強してください。

スマホ

最近は、スマホでも国試対策をしているアプリがあります。有料にはなるのですが、手軽に過去問を解くことができます。少しの空き時間で数問やっていくだけでも、効果ありです。また、すぐに解説も読むことができますので、理解も深まります。最後には、正解率や間違えた問題のみ復習することが可能です。過去問は間違えることで、覚えていくことができます。

仮眠

必ず勉強している時に襲ってくるのが、睡魔です。睡魔と戦いながら、勉強するのは効率が悪くなります。集中力に欠け、記憶に残りにくいです。15分程度の仮眠をとって、集中力を高めましょう。

ノイズキャンセリング

私は勉強中に周囲の雑音が気になり集中力を乱していました。その時、私が使っていたのは、『Apple AirPods Pro』でした。このノイズキャンセリングは一瞬のうちに無音空間に連れて行ってくれます。夜中の静かな時と同じくらいの音になりました。ほんとビックリします。

あずきのチカラ

勉強していると、肩のコリ、目の疲れがあります。疲労感で長時間の勉強に耐えれなくなっていきます。そこで、リフレッシュタイムを作るといいでしょう。その時に至福の時間にするために、『あずきのチカラ』を推奨します。

暖かいあずきを肩こりにあてると首回りが温まっていき、首回りの緊張が一気に和らぎます。血流も改善され、目もスッキリします。

電熱インソール(冬)

冬の時期は足が冷え勉強に集中できなくなります。足元にヒーターを置きたいですが、自宅以外の場所で勉強していると持っていけません。私の場合、靴の中が暖かくなる電熱インソールを購入し勉強していました。

スマホを触らない

スマホが近くにあると、必ずと言っていいほど見てしまいます。スマホを見ている時間は1日で平均3時間46分と言われています。1週間で換算すると、約24時間になります。1日分をスマホに消費してしまいます。

対策として・・・
  • スマホの電源を切る
  • スマホを遠い所へ置く
  • タイムロッキングコンテナに封入する

タイムロッキングコンテナは充電しながら、一切触るとこができなくなります。この時間は勉強に集中すると割り切って使うことができます。

暗記カード

私の場合、ノートに書いて覚えるより、何回も間違える方が頭に残りました。暗記カードの場合、どこでも好きな時に出して覚えることができます。ノートにひたすら書いて覚えるより、疲労感も少なくて済みます。

ブックストッパー

国試の勉強をしている時に色々な本を開いては閉じ、開いては閉じの繰り返しをしていました。本を開いていても、何かの拍子にパタンと閉じてしまう事もしばしば。このブックストッパーでイライラしなくなりました。学習の効率化を図るには必須ですね。

本を立てておきたい人は・・・

ホワイトボード

ホワイトボードを持っておくと、目標や勉強スケジュールを明確にできます。また、ホワイトボードに書くことで思考の整理ができたりと色々と便利です。サイズや大きさがたくさんありますが、A4サイズほどの置き型タイプがおすすめです。

まとめ

国試合格に近づく行動10選

  • 環境作り
  • 勉強する場所を2つ確保
  • メンタル本
  • 過去問
  • スマホ
  • 仮眠
  • ノイズキャンセリング
  • あずきのチカラ
  • 電熱インソール(冬)
  • スマホを触らない
  • 暗記カード
  • ブックストッパー
  • ホワイトボード

国試の勉強は長期戦になります。いかに効率的に持続してできるかが重要になっていきます。
そのためには、集中できる環境を作り、勉強をはかどらせるアイテムも必要です。



私は、この方法で理学療法士になりました。
これから、国試に挑む学生さんや資格の勉強をする人の参考になればうれしく思います。


ここまで読んで下さりありがとうございました。少しでも、参考になったなと思って頂けましたら、
ブログ村ボタンよろしくお願いいたします。勇気が出ます(‘◇’)ゞ

\無料でポチッと/

ブログランキング・にほんブログ村へ



よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

こじろーのアバター こじろー リハビリマン

10年目の理学療法士です。
子育て真っ只中の結婚5年目になります。
妻、息子、柴犬と一緒に生活。
趣味:ブログ、筋トレ、読書
『1日の始まりはいつもプロテイン』

読みたいところから読んで下さい。