【施設探し】LIFULL介護で資料請求をスマホでする流れや特徴を解説

こんな疑問にお応えします!
  • 「介護施設の利用を検討している」
  • 「LIFULL介護でスマホで資料請求をする流れが知りたい」
  • 「LIFULL介護はどの様な人におすすめ?」

上記の様な疑問をお持ちの方のために、こちらの記事では、
LIFULL介護でスマホで資料請求をする流れやおすすめな人などについて解説します。

この記事を書いた人

こじろー

(@kojiro_king)

  • 10年目の理学療法士
  • 呼吸療法認定士
  • 住環境福祉コーディネーター2級

ブログを始めたきっかけ

自分の経験が誰かの役に立てると思ったから。

\よろしければ、ポチッと/

ブログランキング・にほんブログ村へ
読みたいところから読んで下さい。

LIFULL介護とは?

LIFULL介護の概要について抑えておきましょう。

LIFULL介護とは、老人ホームまたは介護施設、高齢者向け賃貸など高齢者向けの住まいを探し出すことができるサービスになります。

LIFULL介護においては、全国で38,000件以上の高齢者向け住宅情報を掲載しています。エリア・費用などあなたの希望条件で選択肢を絞って、見学または資料請求のお申し込みや、電話問い合わせをすることが出来ます。あなたにぴったりの住まいを見つけて下さい。

なんで、ナンバーワンなのか?

主要サービスの不動産・住宅サイトがナンバーワン

介護施設情報の収集に取り組んでいる

主要サービスの不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME’S」に関しては、総掲載物件数ナンバーワンで、住まいを主体として介護・インテリア・保険など周辺分野にも事業を拡大しています。また、ここへ来てLIFULL HOME’Sのグローバル展開、世界最大クラスのアグリゲーションサイトの「Trovit」の運営であるとか、世界57ヶ国でサービスを提供しています。

LIFULL介護に関しては、これからもより多くのラインナップの中から、一人一人にぴったりな老人ホーム・介護施設探しをサポートできる様に、市場で見られるありとあらゆる介護施設情報のデータベース化に取り組んでいっています。

また、ユーザーまたは介護事業者の皆さまの声を活かしながらサイト機能の向上を行うと共に、見学から入居までの安心できる仕組み作りであるとか、介護に関しての総合情報サイトを目指しています。

LIFULL介護では、スマホでどうやって介護施設を探すの?

LIFULL介護では、スマホでどうやって介護施設を探すのでしょうか?スマホでて介護施設を探したい人は必見です。

まず、LIFULL介護に入ると、このようなサイトになります。

こちらに希望条件をタップして選んで行くことになります。

エリアや費用であったり、あなた自身の希望条件で、施設情報を絞り込みましょう

まず第一にトップページから希望の都道府県をセレクトしてください。

選んだ都道府県毎に、さらに費用やエリアを選択して、絞り込めます。

検索一覧ページから、条件に合う介護施設をセレクトしてください

施設一覧ページにおいては、それぞれの施設の特徴であったり料金など基本情報が掲載されていて、希望条件にあった施設に関しては「比較検討リストに追加」、あるいは「もっと詳しくみる」ボタンから詳細情報をチェックしてみましょう。

関心がある施設に関しては、見学や資料請求の申し込み、あるいは電話で問い合わせしてみましょう。

施設詳細ページにおいては、写真・料金プラン・介護体制であったりより詳しい情報をチェックすることが出来ます。

気になる施設に関しては、「資料請求(無料)」あるいは「見学申込」ボタンをクリックして、各々のWEB専用フォームから無料でお申し込みができるような仕組みになっています。

また、記載されている電話番号に直接問い合わせすることもできます。WEBから見学申込が出来ない施設もございます。「見学申込」ボタンがないケースでは、お電話あるいは資料請求時に見学希望の旨をお申し出ください。

検索するためのより便利な機能について

検索するためのより便利な機能があります。

比較検討リスト機能

検索結果ページであったり詳細ページで、関心がある施設をとりあえず保存しておける機能で、比較検討リストに保存した施設に関しては、後でまとめて資料請求することが出来ます。

まとめて資料請求機能

検索結果ページでは、気になった施設をまとめて資料請求できる機能があり、一括で可能なので、何回も資料請求フォームに入力する手間を省略できます。

テーマで介護施設を探す

トップページには、バラエティーに富んだテーマから有料老人ホームや介護施設を探すテーマ特集を取り揃えています。

お役立ちガイド

介護施設の種類・介護保険・探し方のマニュアルなど、老人ホームを探す際に必要な基礎知識が記されています。

困った時は、LIFULL介護入居相談室へ

条件通りの有料老人ホームまたは介護施設がないケース、また施設探しで困ってしまった場合は、熟練のプロが、直接お電話でご相談を受け付けしています。

どういう理由で見学が必要?

資料請求した後に、どういう理由で見学が必要なのでしょうか?

「百聞は一見に如かず」と言う通り、パンフレットを読んだだけという情報とは異なり現実的な見学で得られる情報は非常にたくさんあり、入居後に後悔することの無い老人ホーム選びのためにも見学を外すことは出来ません。

見学においては、現在入居している方々であったり、そこで勤務しているスタッフの様子をチェックできて、パンフレットではわからないホーム全体から受ける雰囲気を感じる事ができるでしょう。

それは、家族やあなた自身にとって良いホームであるのかを判断する重要な要素になります。

また、ホーム側も見学なしで入居を推奨することはありません。こんなはずじゃなかったと解約されて、入居金を返金することは、ホームにとってもデメリットでしかないことが理由です。

金額または立地であるとか、ある程度の条件がマッチするホームを見つけたら、必ず見学に行ったほうが良いでしょう。

LIFULL介護はこの様な方におすすめ

  • 老人ホームを探している方
  • 家族、親族の老人ホーム入居を迷っている方

\最短5分で検索可能/

※資料請求は無料で簡単に探せます。

まとめ

LIFULL介護について

  1. 有料老人ホーム・介護施設・高齢者向け賃貸など、
    バラエティーに富んだ高齢者向けの住まいを見つけることができる
  2. 全国の38,000件以上を掲載
  3. 一括資料請求ができる
  4. 相談窓口がある

いかかでしたでしょうか?こちらの記事では、LIFULL介護で資料請求をする流れや特徴などをまとめてきました。

ここまで読んで頂きありがとうございました。施設介護に悩んでいる人施設を探している人の後押しになれば、嬉しく思います。

\最後にココをポチッとしてもらえると頑張れます/

ブログランキング・にほんブログ村へ
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

こじろーのアバター こじろー リハビリマン

10年目の理学療法士です。
子育て真っ只中の結婚5年目になります。
妻、息子、柴犬と一緒に生活。
趣味:ブログ、筋トレ、読書
『1日の始まりはいつもプロテイン』

読みたいところから読んで下さい。