【体験レビュー】介護施設検索サイトで実際に資料請求してみた話

サイトで介護施設を見つけても、資料請求することをためらった経験がございませんか?

介護施設を検討していても、『サイト以外のことが知りたい』『資料請求してみたい』と思ったときに、

資料請求したら何がわかる?

どんな資料が来るの?

ほんとに資料請求は無料なの?

個人情報だすのが怖い

こんな事を思ってしまうのではないでしょうか?私も実際に思いました。

この記事では、

介護施設に資料請求した体験レビュー(画像あり)

ネット情報と実際の資料の違い

資料請求するメリット・デメリット

資料請求の手順方法

を紹介していきます。

この記事では、介護施設の検索サイトで資料請求するとどうなるのか?考えている人の不安や疑問を解決できる記事になっています。

『大切な親の住まい』について真剣に考えている人は是非読んでみて下さい。

実際に私が利用したのは、介護施設検索サイトの中で、登録数TOPのLIFULL介護(ライフル介護)を使ってレビューをしています。

実際にどのように資料請求していくか紹介していきます。

インターネットが苦手という人でも安心して利用できます。

この記事を書いた人

こじろー

(@kojiro_king)

  • 10年目の理学療法士
  • 呼吸療法認定士
  • 住環境福祉コーディネーター2級

ブログを始めたきっかけ

自分の経験が誰かの役に立てると思ったから。

\よろしければ、ポチッと/

ブログランキング・にほんブログ村へ

\施設数は全国38,000件以上/

※資料請求は無料

読みたいところから読んで下さい。

介護施設検索サイトを利用して介護施設の資料を請求してみた

資料請求までのおおまかな流れです。

  1. 介護施設検索サイトにアクセス
  2. サイトで希望の介護施設を見つける
  3. 資料請求する
  4. 資料が届く

詳しく見ていきましょう

検索(スマホでも調べられます)

まずは介護施設検索サイトで希望の住まいを探します。

希望条件の絞るには

入居を希望する時期

入居する地域

費用

必要なサービス

重視する項目

この辺りを考えて絞り込みましょう。

ここでは、絞り込んでも多すぎるのは、あとで困ります。

5施設ほど絞り込んで、3施設ほど見学すると見つけやすいでしょう。

資料請求する

介護施設を絞り込んだら、資料を請求しましょう。

サイトにある『資料請求』をタップして、入力していきます。

・申込者の氏名(入力する人)

・住所

・メールアドレス

・入居希望の時期

・入居者の氏名、年齢、介護度

・見学希望の有無

を入れていきます。

実際に申し込む手順は、記事の最後に画像付きで紹介しています。(資料請求の手順まで飛ばす)

以上で資料請求の手続きは完了となります。(思っていたより簡単でした。)

数日後に、資料が届きます。

請求した資料が届いた

資料請求してから2、3日後に郵送で届きました。

実際に届いた封筒がこちらです。

中身を開封すると、

このような資料が届きました。

今回の資料の内容は、

  • 施設パンフレット
  • 入居の流れ
  • 訪問看護サービス案内
  • 仮申込書
  • 仮申込書記入例
  • 診断書
  • お客様情報の取り扱いについて
  • 賃料一覧表
  • サービス付き高齢者向け住宅の案内
  • 契約時に必要な書類一覧
  • 入居時必要物品リスト

パンフレットの中身は、サービス内容が紹介されていたり

食事の1例なども見ることができます。

また、居室や共有スペースなども掲載されています。

資料請求するとこのようなネット情報より詳しく紹介されています。

資料請求してわかること【ネット情報との違いは?】

悩むおばさん

資料請求で何が分かるの?

悩むおじいさん

ネットの情報との違いは?

と疑問に思う人も居ますよね。

資料請求する事で分かることを見ていきましょう。

資料請求すると分かること

資料請求の情報ネットの情報
施設理念
料金
部屋
施設内
献立表×
レクリエーション×
食形態の対応×
スタッフ間の勉強会×
医療対応

資料内容は各施設ごとによって異なります。

今回、請求した資料ではこのような内容が分かりました。

資料請求をしなくていい人

入居に関してまだ先だなと考えている人は資料請求しなくていいと思います。

どんな施設があるのか?将来はこんなところがいいなと考えている段階では、

資料まで取り寄せる必要は感じません。

ネットの情報で十分雰囲気を感じることができるからです。

しかし・・・

資料請求をいた方がいい人

親が急に倒れた

親の独居が心配

入院しているが退院してからが不安

などで即入居を考える必要がある人はすぐにでも資料請求するべきです。

資料請求をおすすめする人

資料請求をするべき人としては、

親の言動や行動が心配になってきた

老々介護でしんどくなってきた

施設の探し方がよく分からない

このように将来は介護施設を検討した方がいいのかなと思っている人です。

介護する日々は、いずれ来ます。通常は介護施設に入居するまで1~2ヶ月は必要です。

事前準備をしておくだけで、緊急の事態にも対応可能となります。

準備は早いに越したことはありません。

資料請求するメリット・デメリット

メリット

詳しい内部情報がわかる

無料で資料請求ができる

デメリット

少し手間がかかる

一定の個人情報を提供する必要がある

資料請求すると無料の上、詳しい内容を得ることができます。

その代わり、名前や住所、電話番号、メールアドレス等の個人情報を教える必要があります。

資料請求するまで1分ほどで終わりますが、手間がかかります。

介護施設検索サイトを使って資料請求するメリット・デメリット

では次に介護施設検索サイトを使って資料請求するメリット・デメリットについて紹介します。

メリット

他の介護施設と比較ができる

一括でまとめて資料請求ができる

デメリット

パソコンが苦手な人、不信感がある人には抵抗がある

資料請求は介護施設検索サイト意外に.役所や介護事業所に直接電話やメールで問い合わせもできます。

電話での問い合わせも可能ですが一見ずつ連絡する必要があり少し大変になります

しかし、現在ではスマ歩で簡単に検索することが可能ですので安心して探すことができます

一目で比較したいまとめて資料請求したい場合はサイトからの請求が便利です

LIFULL介護で資料請求するメリット・デメリット

ここでは、自分でも利用したLIFULL介護を使って資料請求していきます。

他の検索サイトと比較してメリット・デメリットは・・・

メリット

サイトが使いやすい

しつこい営業はない

相談室が仲介に入ってくれる

個人情報の方がしっかりしている

デメリット

資料請求が何件でもできる

見学の動向がない

窓口の営業時間は土日休み

また、紹介施設数がダントツの多かったです。

このままLIFULL介護を使って介護施設を探すべき人

ライフル介護を使って介護施設を探すべき人は

  • 多くの選択肢から選びたい
  • 複数の資料を一括で請求したい
  • 信頼性の高いサイトを使いたい
  • 入居前にある程度の情報を見たい
  • 役所や事業所に行く時間がない
  • 事業所に行く時間がない
  • いきなり対面で話すのが苦手

こういったことを思っている人は、利用してみる価値ありです。

\施設数は全国38,000件以上/

※資料請求は無料

資料請求の手順【実例】

まず、LIFULL介護にアクセス

資料請求方法はとっても簡単です。1分程度で終わります。

検索方法はこの3つ

エリア

希望する条件

特集

この中から選びやすい方法で探してみてください

ここではエリアからの検索で、絞り込んでいきます

まず都道府県、市町村を入力していきます

費用面や介護度、施設の種類など絞り込んでいきます。

希望する条件

特集

この中から選びやすい方法を手探してみてください

ここではエリアからの検索で、絞り込んでいきます

まず都道府県、市町村を入力していきます

気になる施設が見つかったら、資料をもらう(無料)をタップしてください

資料請求の問い合わせの画面に移ります

※まとめて資料請求したい人はお気に入りをタップして、まとめて請求します。

個人情報を入力する

希望の資料を選んだあとは、個人情報を入力していきます。

名前、郵便番号、都道府県、市町村を入力。

次に、町名、番地、建物名、部屋番号、電話番号、メールアドレスを入力。

入居予定者との関係、見学希望、入居希望時期を入力。

これは任意ですが、入居予定者の情報を入力。(私は入力しませんでした。)

必要情報を入力していくと、最後にこの画面になります。

OKなら、『この内容で送信する』をタップします。
(訂正の場合は下の『入力内容を訂正する』をタップ)

その後、お問い合わせ完了画面となり、資料請求の手続きはできました。

手続き完了後、2.3日で登録した住所に届きます。

\施設数は全国38,000件以上/

※資料請求は無料

まとめ|介護施設探しは、事前に調べておくと安心です。

いかがでしたでしょうか?

この記事では、

  • 資料請求してわかること
  • ネット情報との違い
  • 資料請求するメリットとデメリット
  • 資料請求する手順

について紹介してきました。

介護施設をインターネットで探すには、

悩む女性

個人情報を出すのが怖い

悩むおばさん

資料の内容はどんなもの?

悩むおじいさん

施設生活がイメージしにくい

抵抗があると考える人は多いです。

私もそうでした。

でも実際に探してみると簡単で、営業の電話も掛かってきませんでした。(私の場合)

介護施設での生活を楽しく送って行ってもらいたいので、無料の資料請求で施設生活を検討してみて下さい。

親の言動や行動が心配になってきた

老々介護でしんどくなってきた

施設の探し方がよく分からない

このように将来は介護施設を検討した方がいいのかなと思っている人は、

行動してみて下さい。この記事を読んでもらえれが、きっと簡単にできると思います。

\施設数は全国38,000件以上/

※資料請求は無料

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

こじろーのアバター こじろー リハビリマン

10年目の理学療法士です。
子育て真っ只中の結婚5年目になります。
妻、息子、柴犬と一緒に生活。
趣味:ブログ、筋トレ、読書
『1日の始まりはいつもプロテイン』

読みたいところから読んで下さい。